そこは異国、言葉や文化の違いに注意しましょう。

ついつい後回しになりがちな自分ケア

憧れの土地での結婚式。
楽しいばかりのはずが、準備が大変で疲れが襲って来ている中、現地での打ち合わせ作業をしたり、ベッドも食事も慣れない環境で、新郎新婦共イライラが募ってしまう事は良くあります。
しかも周りは日本人が少なく、スタッフも必要な時以外は現地の言葉で仕事を進めていくので何がどう進行しているのかさっぱり理解できず、思わぬところでブルーになってしまいます。

これまで、海外挙式を成功させるために一つ一つ課題をクリアして来たけれど、自分の体調やメンタルのケアはつい後回しになってしまっていなかったでしょうか?

主役はあくまで新郎新婦。
日程に余裕があれば式前日は2人だけでスパやエステを楽しんだり、ルームサービスを利用してゆっくりと自分を労ってあげましょう。
そういう機会の中で、現地のスタッフとも少し顔見知りになっておくと、式当日の慌ただしい中にも気持ちの余裕が生まれます。

日本人スタッフ常駐の式場も選択肢の一つ

何よりもお二人が安心して式に臨むために、日本人スタッフのサポートは積極的に利用しましょう。
今は国内デスクだけでなく、海外の式場に日本人スタッフを常駐させている式場も少なくありません。
彼らは、結婚式のサポートだけではなく、お二人の滞在を快適なものにするのが仕事であると自覚してます。
迷った事、困ったことは遠慮せず相談しましょう。

日本人の少ない憧れの土地での挙式を計画している場合も、日本人コーディネーターが見つかると心強いです。
多くの場合、彼らはその国の方と結婚していたり、年に何度も滞在していたりして現地に強いコネクションがあり、大手では絶対に真似できないウェディングを演出する自信がある方達です。
大手=安心と考えがちですが、コーディネーターと作り上げる完全オリジナルの結婚式も忘れがたい思い出になることでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る