海外で挙式する時に気をつけたいこと

ドレスやヘアメイクの希望は明確に!

海外挙式を希望されるお二人の場合、「2人だけ、または本当に親しい少人数の人たちとの挙式を希望」「絶対にここで結婚式をあげたい、という思い入れのある場所がある」「ハネムーンと兼ねて結婚式を考えている」といった希望がある場合が多く、そのお二人の希望と、費用や時間、招待客といった現実的な側面を納得しながらマッチさせていく必要があります。

大げさに言えば、今や地球上のどこでもやろうと思えば結婚式が可能です。
それだけに、ただ「海外で挙式したい」という漠然とした思いだけでは膨大な情報の前に立ち尽くすことになってしまい、海外挙式の感動よりも疲労感が優ってしまう事になり兼ねません。

例えば、「自分たちの挙式に出席してもらう事で、両親に初の海外旅行をプレゼントしたい」という希望が最優先である、という事がはっきりしていれば「時差や移動時間の少ない国」「日本語が通じる施設が多い」「挙式後も親族と楽しめる場所がある」といった条件で場所や内容を絞り込んでいけます。
また、参列者のスケジュール調整や式場の予約タイミングなどやるべきことも明確になって、気持ちもぐっと前向きになるのです。

「どうしてもサンセットウェディングがしたい」「公園を飾り付けたい」という希望であれば、時間的に式場が対応可能なのか、公園の管理者の許可が必要か、と言った確認も取る必要があることに気づきますし「絶対にハワイ」「絶対にフランス」という場合も「ハワイのどこで挙式するか」「フランスで結婚式に最適なのは何月か」といった事をお二人で綿密に話し合いながら、挙式のスタイルを徐々に固めていくのです。
コーディネーターに依頼するにせよ、現地に直接問い合わせるにせよ、このように叶えたい挙式スタイルが明確になっていないと結局パッケージ化したプランを勧められて自分たちのこだわりや個性が出せなかったなどということになり兼ねません。

TOPへ戻る